川の流れのように in abu dhabi

30年過ごした日本を離れ、旦那の仕事の都合で海外生活をすることに。ひとまずカナダへ着陸のち現在アブダビ在住。

ナーサリーの1週間

カナダにいる時から、アブダビの新住所の近くとかにある

いい保育園ないかなーとネットでみたり、直接園へメールして問い合わせたりしていて

ほぼ目星をつけていたナーサリーに、アブダビに来て息子の年齢の空きがまだ数席だけあったので

なんとか入れることができましたー!ほっ

 

カナダの最後の数ヶ月は夏休みでナーサリーもお休みで

(カナダで祖父母と一緒に過ごす時間をとるためにサマーキャンプには入れなかった)

しばらくお友達との定期的な交流がなかった息子は、夏の終わりごろには

「友達は?友達と遊びたい」と呟いていたので、ちょっと申し訳ない気持ちでいたのだよ母は。

 

(しかしほんとうに息子の社交性の高さには感心する!羨ましい!

これだけ友達のこと好きって思えるなんだろう人間としての心の広さ?みたいな人間愛?みたいな

ものを感じさせる息子は人間としてもすごいなーって第三者的な目線でも見てしまう。

いやほんとうにうらやましい。)

 

最初は知らない場所(新しいナーサリー)、知らない先生に知らないお友達(しかもほんっとうにいろんな国の人が集まってるナーサリー!)に囲まれて緊張していた息子だったけど、

1週間たって今日の帰りには「先生とお友達とハグしたー!保育園楽しかったー!」と

言っているのだから、ほんとうに頼もしい息子である。

まこれからいろいろあるかもしれないけど、いいスタートをきれたってことが素晴らしい!

 

日本でがっつり育った母としては、ナーサリーの設備や方針に思うところもなきにしもあらずだけど

いやでも逆に今までにない、ここいいよな、みたいなところもたくさんあって

(日本で今話題のモッテソーリなのね!と、日本のばあばは興奮していた。笑)

これから日本だけではなく他の国々でも暮らしていくことが想定される息子には

ちょうどいいタイミングでの新しい学びと知る楽しみのステージなのではないかな!と。

がんばれー!!

アブダビ再上陸して1週間

旦那の転勤により、8月頭にカナダからアブダビへ移動。

アブダビに1週間滞在するものの、準備がなされてなさすぎての子連れ生活は大変すぎて

日本の実家へ3週間ほど一時帰国。

 

さて今アブダビへ再上陸して、早1週間が経とうとしますが…

 

「そっちの生活はどう?」と聞かれて思うこと。

「うーん、わりと想定通り」

 

なんせ会社員時代に中東の人たちとお仕事させて頂いたこともあり

ドバイアブダビにも出張できたことがあったので、事前準備がなにげにできていたのですね。

(でもこれから、もっとちゃんと腰を据えて住むと、想定外の知らなかったことがたくさん出てくるとは思いますが)

その点、今回の仕事でアブダビで働くとなるまでは、一度一泊二日の旅行でドバイで来ていたことがあっただけの旦那ちゃんは、まーそれはそれは大変そう。

何よりも、人たちの物事(特に時間とかタスクへの)の捉え方が違うから。

 

私からすると、カナダ人もまた別の意味でかなりリラックスでんな〜とコメントしたくなる点が

かなりあるんだけど、

ほんとうにこちらの世界(アブダビワールド)は、リラーックス。

まさに「インシャーラー」の世界。

タクシードライバーのうんちゃんたちの英語はリラーックスではないんだけど。(わりと超早口の人が多め)

 

仕事でそれに免疫があった私は、ああ、そういうことこの国ならありえるよねー、ま日本とかだとありえないけどーで済まされるけど、免疫ないとイライラするよねーその気持ちはわかる。

でももうこの国に来ると分かった時から、会社員時代の経験から、心の中でストンと変な諦めというか、きっとこんな感じなんだろうなーという想定があったから、今なんとなくまだ平和に気持ちが落ち着いていられるのかも。

 

振り返って思うと、人生って無駄なことはそうないんですね。

会社員時代は、この仕事楽しくないなー何になるんだろうなーなんて思ってました(スミマセン)

 

こちらに上陸して、めっちゃくちゃその経験が役立ててます!感謝!

 

特に、タクシーで!!笑

それはそれはいろんな国からの人たちがタクシードライバーやってます。

この1週間だけでも、ケニア南アフリカ、インド、パキスタン、エジプト、フィリピンなどなど。

そのお国の分だけ、みなさん強烈な訛りの英語!

これを聞き取れる耳を身につけたのは、他でもない会社員時代の仕事で!

人生はこういう振り返ると繋がってる、的なことがあるから、ちょっと面白い。

 

 

おすすめのオーダーシール Mable's Label

カナダにきて、早速息子マット(2歳)を保育園に入れることに。

 

保育園に入る、といえば、お決まりの、

「持ち物に名前を記す」準備。

 

日本みたいになんかシール屋とか赤ちゃん本舗的なノリのものないのかなーと街を歩いてみるものの、BC州の山奥の田舎に住んでるので、そんな便利なものは売ってない。

 

知り合いに、キッチンラベルを代わりに貼ればいいじゃん?と提案されるも、うーんまあ確かにそれでも事足りるんだけど、でもさ、やっぱりさ、と思う私。

 

そんな時の助っ人は、やはりジモティ

義理のお姉さん(生粋のカナダ人)参上。

 

とっても芸術肌な方で、かつ、ずっと専業主婦なので、色んな、子供への「いいもの」についてはとっても敏感だし、アンテナ高い。

 

てことでお姉さんに聞いて教えてもらった

Mable's Label 

mabelslabels.com

 

結果として、大満足!

ネットオーダーで1週間足らずで到着。

カナダ国内は送料無料!

(日本って結構なんでも送料無料って多いけど、カナダって結構オンラインショッピングで送料とられる機会が日本より多く感じる!)

 

オーダーするものにもよるけど、ウォータープルーフだったり、洗濯機OK、食洗機OK、などの機能もあって、ほーんと便利!

デザインも可愛いの多い!

日本に進出しても売れるんじゃないかなー??

 

大満足でマットの持ち物にルンルンで貼り付けた日曜なのでした。

 

ブログはじめよう

さ、ブログをはじめよう。

なぜはじめることにしようと思ったかというと

・国際結婚をして以来、海外旅行が大好きな旦那(ミスターお気楽列車・カナダ人)のお供で色んな地に旅をすることになる

・以来、心配性の私は世界中に住む、または旅する日本人の方のブログの情報などに幾度となく助けられてきた

・この度、旦那の仕事の都合で海外に住むことになった(私個人としては日本にいたかったけど、息子マット(2歳)もいるので家族で共にいることを優先)

・私の経験の中でおすすめしたいものや、助けられたもの、または海外生活の中で感じた考察を発信していけたらと思う。